太陽の果実 セミノール始まりました!





2021

4/27


太陽の果実 セミノール始まりました!



テーマ:和歌山県



お待たせしました!今年もセミノールの収穫が先週から始まりました。

今年は、2年前の未曾有台風の塩害被害を引きずっているため、

樹勢は回復しつつあるものの、まだ全快には至っていません。

収穫量は戻りましたが、外観の悪いものが多くあります。


中身は例年以上にコクがあります!

生フレッシュジュースなどでこのジューシーさ強調できたらと思います。




セミノールをご存じない方が多いかもしれません。

それもそのはず。

セミノールは、栽培が難しいこともあり、

全国的にも非常に収穫量の少ない柑橘なのです。

アメリカ合衆国農務省で

「ダンカングレープフルーツ」と「ダンシイタンゼリン」を交配し

育成された品種です。


温暖な気候風土で育つセミノールは、

冬野寒さや鳥獣害などをさけるため、通常、果実1個ずつを2重紙袋で包み保護します。


しかし、当園ではあえて袋掛けをせずに、網を木全体にかけて育てます。

こうすることで、太陽光をいっぱいに果実に含ますため、おいしさを凝縮しているのです。

ぜひ、味わっていただきたい1品です。




これからの春のポカポカ陽気や初夏のような気候に喉を潤すような

たっぷりな果汁に、程よいキリリとした爽快な風味、

酸味と甘みの絶妙なバランス、鮮やかな赤橙色が美しくお味も美味しいんです!!!


外皮が超薄めなので、比較的剥きやすいのはいいのですが、

とってもとってもジューシーなので、普通に剥くと果汁がポタポタ・・・

でも、その時のシトラス系の芳香が部屋中を潤し、人を和ませてくれます。

(コロナで外出を控えなければならない時のおうち時間も和ませてくれます。)

内皮も柔らかいので、温州みかんのように召し上がっていただけます。

そのまま食べても美味しく、フレッシュ生ジュースにしてもとても美味しくいただける1品です。