小林牧場物語」シリーズは、小林牧場産の生乳を100%使用したシリーズです。 小林牧場で搾乳後、すぐに貯乳タンクで冷却された生乳は、車で10分ほどの場所にある札幌市厚別区の新札幌乳業へとスピーディーに運ばれ、他の生乳とは別のラインで管理・加工され、文字通り、生産者の顔が見える特別な牛乳・乳製品になります。

 

小林牧場について

健康な土・草・牛

酪農の基本に忠実に

札幌市・江別市・北広島市にまたがり、道立自然公園にも指定されている広大な原生林を擁する野幌森林公園。この大自然に隣接する緑豊かな環境に小林牧場があります。

2018年現在飼養している牛の総頭数は約550頭で、そのうち搾乳牛は300頭、育成牛は250頭。耕地の総面積は180ヘクタールで、そのうち130ヘクタールが採草用の牧草畑、50ヘクタールが飼料用トウモロコシのデントコーンの畑(*1ヘクタール=1万平方メートル=約3000坪)。小林牧場は地域でも指折りのスケールを誇っています。

牛たちの主食となる基礎飼料は、牧草やデントコーンを醗酵させて作ったサイレージと乾草で、そのすべてが自家産です。この良質な基礎飼料をベースに、牛たちの泌乳量などに合わせてさまざまな副飼料を加え、栄養バランスを整えた独自設計のミックス飼料をつくり、毎日の牛たちの餌にしてます。

「良質でおいしい牛乳は、健康な牛たちから。牛たちの健康の源は良質な餌。良質な餌を育むのは健康な土。これが酪農の基本。うちの牧場の理念の核にもなっています」と語るのは、小林牧場の3代目社長の小林紀彦さん。専務の智行さんとの絶妙のコンビネーションで、真摯に酪農に向き合い、牧場を日々進化させています。


独自の取り組みで牛乳の美味しさを追求

小林牧場の牛たちの健康を支える環境づくりは、良質な餌づくりだけにとどまりません。牛たちが24時間・通年過ごす牛舎環境にもこだわっています。

牛たちを繋がずに自由に過ごせるフリーストール牛舎は、空気も床も清潔に保つさまざまな工夫が施されています。なかでも、牧場内にあるバイオガスプラントから生成されるおがくずのような繊維質の資材は、牛たちのベッドの敷料として活用され、無菌で吸水性が高いことから、衛生的な環境づくりに大きく貢献しています。このシステムは小林牧場独自のもので、広く酪農関係から注目を集めています。

牛舎から排出される糞尿を廃棄物とせずに無駄なく活用する取り組みも積極的に実践しています。搾乳牛の牛舎から出る糞尿はすべてバイオガスプラントに集められ、プラント内でバイオガス、液肥、繊維質の資材に分離。バイオガスは同じく牧場内にある発電設備の燃料として、液肥は畑の土壌の養分に、繊維質の資材は先に紹介した牛たちのベッドの敷料に、それぞれ見事に活用されています。育成牛の牛舎から出る糞尿は敷料として使われている麦わらを含むため、良質な堆肥の原料となります。牧場内にある施設で充分に熟成された堆肥は、良質な土壌資材として畑に還元され、健康で活力に満ちた土づくりに大きく貢献しています。また牧場内には植物の力を利用して水を浄化するビオトープがあり、牛舎から出る排水はすべてここで浄化されています。

「消費者の皆さんに、“おいしい”と言ってもらえる牛乳を生産すること、うちの牧場がここにあることを、地域の皆さんに誇りに思ってもらえるような存在になること。それが僕たちの変わることのない目標です。そのための指針が“環境型酪農”。ヒト・モノ・コトが自然な形で循環して、みんなが幸せになる姿の一翼を狙いたい」

そう語る小林紀彦さんと智行さんの真っ直ぐな視線が、とても印象的です。